昨日(2019/3/27)の神戸新聞朝刊にこんな記事がありました。

話題の一つひとつにいろんな感想を持ったのですが、まずは、

出身の秋田なまりが発音ににじんでしまい、教授から「君のはイイ語」だとからかわれた

というところ。

「秋田なまりのイイ語」がどんなものなのかはわかりませんが、本当、外国語としてある程度の年齢になってから英語を学んだ人の発音には、程度の差こそあれ、母語が影響して発音に現れるんですよね。

豪州での留学時代、私が学ぶ大学院のクラスにも世界各国からの留学生がいて、バラエティ豊かななまりのある英語が飛び交っていました。

慣れてくると、わざわざ出身地を聞かなくてもちょっと話せばだいたいの出身地(母語)がわかります。

中国人は中国語なまりの、韓国人は韓国語なまりの、イタリア人はイタリア語なまりの英語です。

もちろん、日本人は日本語なまりの英語ですね。

ちょっと自慢すると(笑)、私は留学前に日本語なまりの英語から脱出したい一心でトレーニングした甲斐もあり、

「Fusaの英語は日本人ぽくないね。」

と言われることがありました。

当時は英語が話せることに憧れ、アメリカ人やイギリス人の話す英語がゴールだと思っていたので、とにかく洋画や海外ドラマで何度も何度も発音を真似して練習していたんですね。

それはそれでやってよかったと思っていますし、スムーズなコミュニケーションのためにもより良い発音の習得を目指すことは必要だと思います。

でも、もしあなたが英語を学習中で、あなたの英語がバリバリの日本語なまりだとしても、現時点での自分の発音を恥ずかしがる必要はないですよ。

むしろ、堂々と大きな声で話してほしいんです。ぜったいその方がコミュニケーションはうまくいくから。

そんなふうに言われても、自信が持てない?だったら、こちらの動画をお勧めします。

ん?と思うところもなくはないですが(笑)、おおむねこの考えに賛成です。

大人の英語学習者さん、特に「なかなか上達しないなぁ」なんて方は参考にしてみてくださいね!

もちろん、「じっくり英語を勉強しなおしたい!」という方には、3か月間家庭教師並みに手取り足取りサポートが受けられる【基礎英語入門講座】がおススメです。

第6期は4/18(木)開講。
お申込みは4/1スタートですよ。

教室のLINE@で最新情報をお届けしていますので、気になる方はお友だち登録してお待ちくださいね!

         
☆ただいま募集中☆(4/12現在)

◆英語の親子サークル 4/15(月)残3席
>> 詳細はこちら
◆ママのための英会話カフェ 4/22(月)残3席
>> 詳細はこちら
◆親子の英語教室 リトビ+(ぷらす) 5/8開講
>> 詳細はこちら